スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ、当たった!

ピンポ~ン

本日、弊社に謎の小包が届きました。

何か注文した心当たりもない筆者がおそるおそる開けてみると……

デザイン事典表紙 

…ん?
……
………

……あ……

当たったー!!

続きを読む »

スポンサーサイト

レイアウトにおける三つの要素(4)

さて、3回に渡って「余白」について考察してきましたが、
ここでいったん、いままでの話を整理してみましょう。

「余白」とはわかりやすくするための「思いやり」である。

これがまず、前提でしたね。
そして具体的に「わかりやすく」するための方法としては

1.「伝える」方向や流れに導く「案内役」としての「余白」
2.「伝える」要素を「整理」するための「余白」
3.受け手側にリラックスしてもらう「あそび」の意味としての「余白」

この3種類を取り上げてきました。
ここまではいいですよね。

ところで、
ここまでは「伝える」側への「配慮」としての「余白」利用法でした。

が、実はもうひとつ忘れてはいけない使い方があります。

続きを読む »

レイアウトにおける三つの要素(3)

前回のおさらい
 「余白」はわかりやすくするための「思いやり」である。

……ということでしたが、
今回はなぜ「余白」をとることが「思いやり」につながるのかを考えてみましょう。

と、いってもすでに前回である程度、こたえは出ていますね。

行間100 
上の「行間0%」の設定の文章をご紹介したときに

読んでもらう「方向」に導くためにも、と筆者は書きました。

つまり、「余白」は「伝えたい」情報の案内役でもあるわけです。

すき間なく、「伝えたいこと」がびっしり詰まっているだけでは
押し付けがましいどころか、余裕がない印象になり、
見る方もそれだけで疲れてしまいます。

続きを読む »

レイアウトにおける三つの要素(2)

前回、「文字」や「グラフィック」に比べ「余白」は軽視されやすいという話をしました。

デザインを考える時に、どうしてもまず「伝えたいこと」を最初に考えてしまうからですが、
それでは逆に、「余白」からレイアウトを考えるケースはまったくないものでしょうか?

いや、実は通常のデザインや編集の過程で
ほとんどの人が「余白」をどうするかから取りかかるものも存在します。

さてそれはいったいなんでしょうか?



そう、「文字組」です。

「文字組」とは読んで字のごとく「文字」を組んで「意味」を構築していく作業ですが、
まとまった文章を構築していくにあたっては、まず考える事は「行間」です。

続きを読む »

レイアウトにおける三つの要素(1)

書籍や雑誌、チラシにポスター、名刺、看板、パネルなど
弊社が扱っている様々な媒体でのデザイン。

それらは全て
三つの要素で成り立っています。

1.文字
2.グラフィック(イラスト、写真、グラフ、ロゴ、アイコンなど)

の二つはすぐに思い浮かびますが、もうひとつは何だと思いますか?


答えは……





続きを読む »

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。