FC2ブログ

「文京をゆく・その24」 小石川後楽園 第三回 ~清水観音堂跡から通天橋・円月橋へ~

前回では正面広場からちょっと(?)小さめな渡月橋大堰川を渡りましたが、
今回は主に山道(?)を歩くことになります。

今回もパンフレットの案内図を参照しつつ、おつきあいください!

石段から撮影 
石段を登っていくと、右手の踊り場で紅葉の撮影する人影が目に入ってきました。

石段からの沢渡り 
さすが、石段の上からだと大堰川も沢渡りの様子もよく見えます。

清水観音堂をへて 
石段の先には清水観音堂跡があるようです。


上からの通天橋1 上からの通天橋2 
ふと先の方に目をやると通天橋の姿も。

沢渡り方面道 
途中、道は沢渡りへと分岐していますが、筆者は迷わず清水観音堂跡へ。

清水観音堂跡 
さぁ、あれが清水観音堂跡です。

ここ清水観音堂跡には京都清水寺を写した観音堂があったそうですが、
大正12年の関東大震災で焼失したとのこと。

清水観音堂案内板 
案内板に当時の様子を描いたものがありました。

清水観音堂からの風景2 清水観音堂からの風景1 
ここからも沢渡りの様子がよく見渡せますね。

通天橋1 通天橋2 
ここから坂道を下りますと朱塗りの橋「通天橋」が見えてきます。

通天橋3 通天橋案内板 

通天橋から見た沢渡り 
京都・東山東福寺の「通天橋」にならい、大堰川の渓流に朱塗りの紅橋をかけたものですが、
紅葉とマッチした美しさは格別です。

音羽の滝 
手前は「音羽の滝」。(もちろん京都清水寺の音羽の滝から)

音羽の滝源流 
ふと反対方向を見ればその源流がちょろちょろと……

得仁堂をへて 
通天橋の先には「得仁堂」、そして「円月橋」が。

得仁堂1 
橋を渡れば、さぁ見えてきました。

得仁堂2 得仁堂3 
この建物が「得仁堂」(とくじんどう)です。

得仁堂案内板 
光圀が創建したもので園内最古の建物になるそうです。
江戸初期の現存する建造物として大変貴重なものですね。

小蘆山の北側 
さて、ここから小蘆山の北側を下っていきます。

丸屋手前 
下っていった先に見えるのは……

丸屋1 丸屋2 
昔の田舎のわびた茶屋の佇まいを現した「丸屋(まろや)」です。

丸屋案内板 
こちらも震災で消失しているようで、現在あるのは復元されたものです。

さて、ここで本来のコースならば
パンフレット案内図 
見ての通り、大泉水沿いに進んで沢渡り、なのですが……

円月橋へのショートカット 
今回はこのように、一旦コースを離れ「円月橋」を目指すことにします。

円月橋をへて ショートカットの道 
再び山道に戻り、右手に入ります。

休憩所手前 
途中、左に折れて園の西北部にある休憩所に立ち寄ることに。

休憩所 
一見、なんの変哲もない広場ですが……

萱門跡 萱門跡案内板 
休憩所入り口には萱門跡があるのです。

こちらも震災で失われていますが、
神田上水を汲み上げる水車もあったとか。


というわけで、こちらでしばし休憩した後、再びコースに戻りましょう。

円月橋1 
さぁ、見えて参りました。

円月橋2 円月橋案内板 
これが「円月橋」です。

円月橋は、朱舜水の設計と指導により名工「齣橋嘉兵衛」が造った橋で、
水面に映る形が満月になることからこの名がつけられたといわれています。

後に八代将軍吉宗が江戸城吹上の庭に造ろうとしたが、
遂に果たせなかったとか。

円月橋の板橋
円月橋は見ての通り、保存上の理由で渡れませんので
こちらの板橋で川を渡ることになります。

円月橋正面 
円月橋を正面から見たところ。
得仁堂と並び、当時のまま残る希少なものです。

円月橋をへて 
この後は八卦堂跡に向いましょう。

というわけで、今回はここまで。
次回も写真たっぷりでお届けいたします!


さて……できれば年内にこのシリーズを完結したかったのですが、
どうやらこの「小石川後楽園」編、年をまたぐことになりそうです。

というのも弊社、シャインデックスは
2009年12月29日(火)~2010年1月4日(月)まで休業とさせていただいておりまして……
今回の更新が年内最後となりそうからです。

すでに後楽園の紅葉はシーズン終了しておりますが、
年の始めから秋風のような(?)ブログをお届けいたしますので
どうぞ、来年もよろしくお願いいたします。

では、来年までごきげんよう!
よいお年を!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-