FC2ブログ

「文京をゆく・その25」 ご近所再散策 第二回 ~湯島御霊社~

さぁ、サッカー通りの別の顔、傘谷の姿をご紹介した前回に引き続き、
今回もご近所散策に出かけることにいたしましょう!

サッカー通り0217 
まずは前回のこの場所にふたたび戻ってきました。

西方面ー本郷 東方面ー湯島 
春日通りに向って左手、西側が本郷三丁目
右手、東側が湯島二丁目ですが、今回は湯島方面へ上って行きます。

湯島からサッカー通りを振り返る 
こうして振り返ってみると、まさに『谷』ですね。

御霊社手前 
やがて、右手に鳥居が見えてきました。

御霊社鳥居1 
ここ新花町に鎮座されている湯島御霊社です。

こちらは見事な八重桜があることで知られていますが……

御霊社梅1 
ふと左手に目をやると、
少ないながらも可憐な紅梅が咲き出し、春の到来を告げていました。

御霊社境内 
さっそく境内に入ってみましょう。

小さな神社ですが、掃除なども行き届いており、
心休まるスポットになっています。

御霊社案内 
案内板もあります。

日本各地に「御霊社」という神社はありますが、
そのほとんどは“みたましゃ”と呼ぶのが一般的のようです。

ところが、こちら湯島の「御霊社」は“ごりょうしゃ”と呼ぶのが正式なのだとか。
(もっとも今では“みたましゃ”の呼び名も普通に使われているようですが)

御霊社本殿 
本社殿。
案内板によると先の大戦で焼失したものを、戦後復興したようです。

御霊社梅2 御霊社梅3 
本殿の前に咲いていた紅梅。

まだ五分咲きといったところですが(撮影:2月17日)、
湯島天神などの梅林とはまた違った趣がありますね。

御霊社階段1 御霊社階段2 
本殿の左は参道階段になっています。
高低差の激しい湯島ならばですね。

御霊社鳥居2 
本殿向いにも立派な鳥居が。

御霊社鳥居3 
どうやらこちらが正面で、筆者がくぐった鳥居は本殿横の通用道だったようです。

御霊社記念碑 
“紀元二千六百年記念 昭和十五年建之”とありました。

御霊社梅4 御霊社梅5 
こちらの鳥居の近くでも、
灰色の景色の中でたしかに色づいた春の気配を感じることができます。

御霊社ヨコ坂 
正面向って左手は蔵前橋通りに通じています。
周り四方、坂に囲まれた高台に鎮座しているわけですね。

というわけで、今回はこの辺で。
次回も湯島近辺をブラシャイン!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-