FC2ブログ

シリーズ「文京をゆく・その10」ー後楽園から東大へー 最終回「東大の門」

さて、菊坂の亜空間にすっかり彷徨ってしまった筆者でしたが、
気を取り直して本郷通りに出ましょう。

以前にもお話いたしましたが、
赤門方面に向かうこの辺りは江戸時代「見送り坂」「見返り坂」と呼ばれ、
中仙道方面に旅立つ人をここまで送りにきた所と言われています。

見返り坂を北上していきますと
やがて右側に東大の赤い煉瓦塀が現われ、ほどなく赤門に着きます。
赤門

赤門は加賀百万石の前田家が将軍家の姫を正室として迎えるにあたり建てたといわれ、
国の重要文化財に指定されています。

東大の本郷キャンパスは加賀藩の上屋敷跡に建てられたものですが、百万石ともなるとさすがの広さですね。

なお、この向かい正面奥の法真寺近くに
菊坂に住む前の幼少時の一葉一家が住んでいたそうです。

一葉の宿02 一葉の宿01 
樋口一葉ゆかりの桜木の宿」 

一葉はのちにこの屋敷を「桜木の宿」と呼び、小説「ゆく雲」にも
『腰ごろもの観音様、濡れ仏にておはします御肩のあたり膝のあたり、
はら/\と花散りこぼれて‥』と懐かしんで書いています。

一葉がもっとも幸せだった時代だったのですね。

さて、東京大学は、これだけの広さですから門も数多く、
春日通り方面の懐徳門龍岡門鉄門、不忍通り方面の池の端門弥生門など多数です。

今回ご紹介する本郷通り沿いには赤門正門西片門
言問通りを隔てた農学部の農正門があります。

正門 西片門 
「正門」と「西片門」

赤レンガ並木 
赤い煉瓦塀がずーと続いています。

農正門01 農正門02 
言問通りを横切ると「農正門」

壊徳門01 壊徳門02 
春日通りのほうに戻って赤レンガ沿いに左に折れると「懐徳門」

ここからさらに春日通りに入って天神下方面に下っていくと……

龍岡門 鉄門2 
春先にご紹介した「龍岡門」「鉄門」があります。

今回は予想外のタイムロスもありましたので、この辺で締めましょう!

さて、実に五回に渡った「ー後楽園から東大へー」シリーズ、いかがだったでしょうか。

この辺りはまだまだ一日では回りきれないほど、未知なる世界が広がっています。
弊社にお立ち寄りの際には、ちょっと足を運んでみてはいかがでしょうか。

新たな発見やひらめきが見つかるかもしれませんよ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-