FC2ブログ

シリーズ「文京をゆく・その12」ー湯島天神祭(湯島天満宮例大祭)ー 第三回

湯島天神の参道は一般的には、
御茶ノ水の聖橋から坂を下り、蔵前橋通りを横切って清水坂を上っていく形が知られています。

前回も筆者は表参道から正面鳥居をくぐったわけですが、
帰路へつくのに再び同じ順路をただ引き戻るのでは芸がありませんので
帰りはちょっと違う道のりにしましょう。

女坂 
こちらは天神女坂

女坂石碑 
こちらは北島三郎さんの筆によるもの

男坂案内板 男坂 
天神男坂

男坂が一直線に38段の石段を登るのに対し、
女坂は梅林を迂回するようになだらかになっています。

東の昌平橋通り方面からの参拝にはこちらから上るのが便利でしょう。

こども神輿坂下02 
表参道側はけっこうにぎわっていましたが、坂の下はちょっとさみしい感じでした。

こども神輿坂下01 
でもこちらのほうが人ごみも少ないゆえ、
こども神輿もかえって安心して見ることができたかもしれませんね。

坂下あたりも老舗の名店が多いそうなのですが、まぁそれはまたの機会に……。
今回は裏参道に向かいましょう。

以前、シリーズその5でも紹介しましたが、
切通坂からは石段の裏参道からが便利です。

切り通し坂石段 
では改めてこちらから上ってみます。

聖堂02 聖堂裏01 
上ってみると、裏側は表の喧噪が嘘のようにがらんとしていました……
 
盆栽展01 盆栽展02 
同時に盆栽展も開かれていたようですが……祭りの裏側はちょっとせつないですね

さて、気を取り直して再度表側に回ってみます。

太鼓01 
おや、なにか人だかりができています。

太鼓02
カメラを掲げるひとも多数……、なにか催しものでしょうか。

確かめるため、筆者もなんとか前に行ってみます。

太鼓03 太鼓04 
女性による見事な太鼓さばきでした。この日一番の盛り上がりでしたね。

さて、そろそろ帰ることにします。

聖堂横 
横からの正殿。正面からとはまた違った神々しさがあります。

切り通し坂石段上 
裏参道から切通坂に戻ります。

すき焼きの江知勝01 
坂を上る途中にも名店があります。

すき焼きの江知勝02 
すき焼きの江知勝(筆者は名前しか知りませんので評価はできません)

坂を上りきって左に入ると弊社になります。

春木町公園 
ここは弊社のすぐ裏にある春木町公園です。(さみしいところですが……)

ところで弊社の地元の本郷三丁目の町会も
春木会、金助会などの名でお祭りに参加していますが、
これは旧町名に由来するものです。

現在の本郷三丁目は旧本郷三丁目の一部、旧本郷春木町、金助町と旧湯島の一部で構成されていますが、
実は東京メトロ本郷三丁目駅自体は本郷二丁目なのです。

どうしてこんなわかりづらいことになっているかと言いますと、
当初、東京メトロ本郷三丁目駅のあたりも駅が出来た頃の昭和30年代は三丁目だったのですが、
昭和40年代の住居表示の変更の際、二丁目に繰り入れられた、というわけなのです。

そんなわけで、下車されて地上に上がってくるとそこが二丁目であることに
戸惑われる方も多いようですね。

本郷三丁目駅 
奥に見えるのが東京メトロ本郷三丁目駅ですが、左に見える住所は……

弊社においでの際にはぜひ、お気をつけください!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-