FC2ブログ

シリーズ「文京をゆく・その14」-播磨坂・御殿坂から白山神社へ- 第一回

というわけで、6月6日から14日まで開催されていた文京五大花まつりの一つ、
文京あじさい祭り白山神社へ行ってまいりました。

白山神社の最寄り駅は都営地下鉄三田線の白山駅、東京メトロ南北線の本駒込駅ですが、
筆者得意の坂探索を兼ねて茗荷谷駅からスタートすることにいたします。

例のごとく何回かに分けてご紹介いたしますので、白山神社が登場するのはちょっと先になりそうですが(汗)、
よろしければどうぞ、おつきあいのほどを……

さて、駅前の春日通りを後楽園方面に300mほど行きますと播磨坂の坂上になります。

播磨坂1 
いままで紹介した坂とは違い、4車線の大きな通りになっています。

江戸時代この辺りに松平播磨守の屋敷があったことから命名されたとのことで、
坂下の湿地は播磨たんぼと呼ばれていたそうです。

この通りは別名環三通りといいますが、
戦前の都市計画で環状三号線の一部として
わずか500mたらずの道路が開通したもので延伸計画はありません。

播磨坂2 
道路中央は遊歩道になっています。

ロードサポート播磨坂 
播磨坂を下ることが目的ならば、この中央の遊歩道に入るのがいいでしょう。

泥舟屋敷 
遊歩道に入ってすぐ左側にこの看板がありました。

高橋泥舟(でいしゅう)は山岡家の次男、山岡鉄舟(てっしゅう)は泥舟の妹の夫であり、
二人は義兄弟ということになります。
勝海舟と並び幕末の三舟と称されました。

この三人は明治維新の幕府側の立役者であり、
江戸の町を戦火にさらすことなく更に徳川家を明治以降にも存続させた功労者といえましょう。

遊歩道2 
この播磨坂文京さくら祭りで知られる桜の名所ですが、
今頃は濃いみどりのトンネルの散歩道となっており、
人影も疎らで緑陰は涼しく快適な散歩がたのしめます。

せせらぎ 
道路中央の遊歩道にはせせらぎが涼やかな水音をたてて流れています。

裸婦1 鳥像 母子像 
「裸婦像」や「母子像」などの彫刻が飾られています。

裸婦2 
……よくわかりませんが、これも「裸婦像」のようです。

そうこうしているうちに坂を下りきると千川通りにぶつかります。

播磨坂の右側は共同印刷の本社があり、吹上坂の坂下にもなります。

吹上坂1 吹上坂2 
吹上坂とは極楽水といわれる水が吹き上げていたと
伝えられることから命名されたとのことです。

共同印刷 
吹上坂を見上げたところ。左側にあるのが共同印刷。

というわけで、今回はここまで!
次回は御殿坂をご紹介いたします!
(あじさい祭りはもうちょっとお待ちください♪)

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-