FC2ブログ

「文京をゆく・その15」-湯島台に上る小さな坂- 第二回(妻恋神社)

前回神田明神を文京区側からご紹介しましたが、
このまま明神坂(湯島坂)を上りきりますと聖橋から湯島天神に向かう道にぶつかります。

聖橋上交差点 
このまま真っすぐ進めば本郷通りですが、今回は右折してみます。

下り坂入り口 
前回紹介したマップを見ていただければわかりますが、
この一角は文京区になります。

下り坂途中 
御茶ノ水の聖橋から湯島天神に向かう道はここから下り坂となりますが、
実はここは一時的に千代田区なのです。(マップを確認してください)

清水坂下 
蔵前橋通りを横断すると向こう側の上りは清水坂となります。

妻恋坂左折 
清水坂下交差点を右折し新妻恋坂を120m程下ります。

妻恋路地 妻恋神社への階段 
すると左側に路地とその奥に石段が見えてきます。

ちなみにここも文京区と千代田区の区境になります。
(今回の裏テーマは「区境をゆく」でもあります)

妻恋神社鳥居1 
石段を上った所は旧妻恋坂でこの坂を上った右側に妻恋神社があります。

妻恋神社鳥居2 妻恋神社案内 
妻恋神社には次のような伝説があります。

十二代景行天皇の御世、天皇の命を受けた日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際、
三浦半島の走水から房総半島に向かう船が大暴風雨に遭遇しあわや難破かという時、
同行していた武尊の妃・弟橘姫(おとたちばなひめ)が身を翻して入水し海神の怒りを鎮めたのです。

その後、湯島の郷に陣を構えた武尊が妃の死を嘆き悲しむ姿に郷民が感じ入り
二人を祀る社を建てたということです。

妻恋稲荷 妻恋神社奉納 
筆者も悲しい伝説に想いをはせながらお祈りしようと思います。

ということで今回はここまで。
次回は清水坂から三組坂、仲坂とご紹介していくことにします。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-