FC2ブログ

「文京をゆく・その16」-北野神社(牛天神)から傳通院(でんづういん)へ- 第三回

はい、紹介すると言い続けて2回もひっぱってきた伝通院朝顔市ですが、
三回目にしてついに、その全貌をご紹介する時がやってきました!

朝顔市入り口 
土曜日の日中ですが、縁日もすでにさまざまな出店があり、大にぎわいです。

ほおずき市案内 
今回は紹介できませんでしたが、
ほおずき市や大道芸パフォーマンスも行われていました。

さて、今回の主役はなんといっても「朝顔」です。
さっそく中に入ってみましょう。

朝顔列 
伝通院の広い境内には鉢植えの朝顔が所狭しとならべられ、
その見事な光景に思わず「きれい!」と声をあげたほど……

(※しつこいようですが、画像全般にある右側のもやのようなものは、筆者の携帯カメラの不具合によるものです。
実際はもっときれいで見事な光景でした。せっかくの朝顔の魅力を伝えきれず、まことに申し訳ありません)

あさがお値段 
一鉢1,800円。
比較的高価にもかかわらず、売れ行きは上々のようでした。

ではここから、朝顔ショットを並べてみましょう。

あさがお01 あさがお02 あさがお03

あさがお04 あさがお05 少しでも目の保養になりますでしょうか。

伝通院本堂 
正面奥には伝通院本堂が。(コンサートは夕方からだったようです)

福祉作業所 作業所01 作業所02 
小石川福祉作業所の出店コーナーでは、工芸品などさまざまなものが即売されています。

筆者も手作りパンの即売コーナーで軽く昼食をとりました。
(簡易包装とはいえ、60円から100円ととてもお買い得!)

ワイン試飲 
甲州ワインの試飲コーナー。

筆者も辛口の白ワインを2種類試飲してみました。
酸味がさわやかでさらに試飲をすすめられましたが、
真夏の日中、ということと取材に支障が出るかもしれないので遠慮しておきました。

伝通院石碑 
伝通院は無量山寿経寺という名で開創された浄土宗のお寺です。

於大の方案内 
徳川家康公の生母「於大の方」が慶長7年(1602)京都の伏見城で亡くなり、
翌慶長8年にこのお寺を菩提寺と定めて葬られ傳通院と名づけられました。

傳通院とは於大の方の法名に由来するものです。

於大の方墓01 於大の方墓02 
於大の方は本堂に近い西側にひと際目立つ五輪塔のお墓に眠っています。

伝通院墓案内 
於大の方の他にも様々な先人が眠っています。

ところで春日通り沿いにはこの伝通院のほか、
春日局麟祥院、五代将軍綱吉公の生母桂昌院護国寺など
徳川家ゆかりの女性達の菩提寺が多いのですが、何故でしょうか? 

筆者は江戸城を北側から見守る地に祀られたのではと推測するのですが…。

朝顔市ポスター 
最後に今年の「文京朝顔・ほおずき市」のポスターを。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-