FC2ブログ

シリーズ「文京をゆく・その18」音羽 第十回 護国寺その2(護国寺と豊島ケ岡御陵)

さぁ、護国寺のお富士さんにもお参りしたことですし、
中門(不老門)まで戻りましょう。

不老門 
石段を上っていきます。

不老門アップ 
頭上には「不老」という文字が。
奥に本堂の緑青色した屋根も見えてくるのですが、
この写真ではちょっとわかりづらいかも……

大師堂正面 
不老門をくぐると右手に
さきほどお富士さんの裏手で見た大師堂の姿が。

大師堂アップ 大師堂案内 
案内板にも記してありますが、
装飾が少なく素朴で荘重な外観で、格式の高さと伝統の重みを感じさせますね。

さすが都下随一の寺院と称えられたのも納得できる威容です。

護国寺本堂前 
石段を上りきるといよいよ本堂(観音堂)
境内は広く開放的な明るさに満ちた寺院です。

護国寺大仏 
右手には大仏が鎮座しています。
なんでも以前は、傍らに
鳩山一郎、薫子夫妻の銅像が建っていたそうです。

月光殿全景 月光殿正面 
左には月光殿。茶道本山にして国の重要文化財でもあります。

本堂アップ 本堂建立1697 
正面の本堂(観音堂)は1697年建立。もちろん、重要文化財に指定されています。

さて参拝を済ませ、そろそろ帰ることに。

桂昌殿への案内 
おっと、桂昌殿も紹介しておかないと。

桂昌殿正面 
正面から見て右手奥にある立派な殿宇が、桂昌殿です。
有名人の葬儀がよく行われることで有名ですね。

この日も葬儀の準備が行われていたようです。

桂昌殿横の豊島ケ岡御陵 
東側は明治以降皇室の所有地となり豊島ケ岡御陵となりましたが、
元は護国寺の寺域でした。
往時の隆盛がしのばれますね。

惣門 
豊島ケ岡御陵沿いに右に進むと惣門がそびえ立っています。

綱吉公が桂昌院と共に千人を越える家臣と参拝したことに由来すると伝えられている門です。

惣門案内 
大名屋敷門として現存しているものの中でも、大変貴重な文化財と記されています。

ちなみに惣門手前には音羽ゆりかご会で有名な音羽幼稚園があります。

豊島ケ岡御陵横 
惣門から護国寺を出ますと、
そこは不忍通り富士見坂で、横には豊島ケ岡御陵が続いています。

豊島ケ岡御陵正門 
豊島ケ岡御陵の正門。
残念ながら現在では一般人がここに入ることは許されていませんので、
閉じられている門の撮影しか出来ません。

豊島ケ岡御陵は天皇・皇后以外の皇族の墓地で、
正確には御陵(天皇・皇后の墓地)ではありません。
豊島ケ岡御墓所と呼ぶのが正しいようです。

明治以来の天皇の御陵は明治天皇は伏見桃山御陵に、大正天皇は多摩御陵に祀られました。
その後昭和天皇の御陵が造営されるにあたり多摩御陵は武蔵陵墓地と改称されましたが、
通称では多摩御陵と呼ばれているようです。

文京区旧町名案内 
途中、文京区の旧町名案内図がありました。

音羽町が北の護国寺を基準として、
一丁目から九丁目まであるのがお分かりになりますでしょうか?
(旧音羽の町名についてはこちらを見てください)

豊島ケ岡御陵塀01 
さて、せっかくですので今回は
豊島ケ岡御陵の塀伝いに帰ることにいたしましょう。

豊島ケ岡御陵塀02 豊島ケ岡御陵塀03 
御陵の塀を緑沿いに進んでいきます。

旧大塚坂下町案内 
もと、小石川村の内、幕府の薬園があった。
薬園の移転後跡地は護国寺領となった。
後、町屋ができ、大塚3丁目交差点から護国寺へ下る富士見坂の坂下の北側にある街なので、坂下町と命名された。
町内には、豊島岡墓地(明治6年皇族墓地となる)、大塚先儒墓所(江戸時代の有名な儒者の墓)がある。


そう、このあたりはかつて「大塚坂下町」と呼ばれていたのでした。

坂下町祭り 
吹上稲荷神社前の坂下通りに合流。
この日は坂下町会のお祭りだったようで、その準備で大わらわでした。
旧音羽町と同じく、かつての名前と伝統を守っているのですね。

ということで、長かった「音羽篇~鳩山会館から護国寺へ~」も今回で大団円(?)。
おつきあい、ありがとうございました!

また、新たなシリーズでお会いいたしましょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

電力使用状況&電気予報
最新記事
プロフィール

しゃいんでっくす

Author:しゃいんでっくす
有限会社シャインデックスのブログへようこそ!
東京本郷にあるDTP会社の中の人の徒然なるブログです。
なお、”中の人“は一個人ではなく、あくまで「しゃいんでっくす」全体の人格です。
なお、シャインデックスへのお仕事のご依頼・ご相談・その他各種お問い合わせは、有限会社シャインデックス公式ホームページをご覧ください。
どんなことでもけっこうですので、お気軽にご連絡ください!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-